• 明石市に一戸建ての住宅を建てた後に済ませるべき届出

    • 明石市に一戸建て住宅を建てた場合、それに伴って行政機関に済ませておかなければならない届出がいくつかあります。



      まず、明石市内で新築の一戸建てに住まいを移す場合は転居届を、市外から移住してくる場合は転入届の提出が必要です。

      goo ニュースとの上手な付き合い方をお知らせします。

      届出書類は市役所内に備え置かれていますが、窓口に提出する際には添付書類として、身分証明書、転出証明書、個人番号カードも必要となるほか、日本国外から明石市に建てた一戸建てに移住してくる場合は帰国者全員のパスポートと戸籍全部事項証明書が、転居届を提出する場合は国民健康保険や介護保険などといった社会保険の被保険者証が必要となります。


      転居届も転入届も、引っ越してから14日以内に提出しなければならないので、新居の荷物の整理を終えたらすぐに手続きをしましょう。
      以前住んでいた所で国民健康保険に加入していた人は、転出届を提出したときに国民健康保険の脱退手続きも済ませていることでしょう。

      もし、引っ越してきた後も引き続き国民健康保険を利用するのであれば、市役所に国民健康保険被保険者資格取得届と呼ばれる書類を提出します。

      同様に、国民年金に加入している人についても、被保険者住所変更届を提出して、年金機構からの書類がきちんと自宅に届くようにしておきましょう。また、個人番号は引っ越しによって変更されることはありませんが、個人番号カードに記載されている情報については新居のものにあわせておく必要があります。
      この手続きも市役所の窓口で行うことができるので、転入届や転居届を提出する際に一緒に行うと良いです。



      ケースによっては、この他にも届け出なければならない事項があるので、引っ越しに着手する前に調べておき、スムーズに手続きができるようにしておきましょう。


  • 知りたい土地事情

    • 明石で建てる注文住宅について

      明石は食べ物がおいしく、観光で訪れる人も多いですが、その良さから、住みたいと考える人も多いです。明石で家を建てる場合、明石の気候などに合った家をつくることで、住みやすさを重視できます。...

  • 土地の補足説明

    • 明石市で注文住宅を依頼するには

      兵庫県明石市には注文住宅を手がけている建築会社がいくつかあります。兵庫県明石市にある建築会社の中でも良いサービスを提供している建築会社とそうでない建築会社があります。...

  • 知っておきたい情報・詳しく知りたいなら